フラット35住宅ローンは中古住宅でも使える?

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそのような時こそ、中古の住宅ローンを考えてみましょう。
ただし注意しておきたい点がいくつかありますね! その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。
一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。
良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もありますね! 物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。
新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。
どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。
まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。
他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。
今までに納金出来なかったデータが残っている方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。
もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。
審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。
新築を購入したばかりでフラット35住宅ローンもあるのに離婚される方は、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。
中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要がありますね!まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。
多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任がありますね! こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

フラット35の審査はどう?借入れの条件!【審査基準ゆるい?】