メルカリではたまに横取りされることもある?

メルカリでやり取りをしていて専用ページを作る事になったんだけど、いつの間にか他の人が横取りしていったという事態になってしまった人もいるかもです。
そうならないように、交渉相手としっかりとした話し合いをするようにしましょう。
また、横取りした人の中にはメルカリのルールを理解していなかったという場合もあるはずです。
そういう場合、話してみると意外とキャンセルしてもらえるかもしれません。
どちらにしても、対策をしっかり立てることが大事になってきます。
メルカリで商品を購入する時支払い方法を選ばないといけません。
そこで、コンビニ払いを選んだとしたらどうしても手数料というものがかかってきてしまいます。
ただし、取り置きする時などは手っ取り早く、コンビニ払いを選択するのが良いです。
また、メルカリの商品のお金を払いに行く時ですが、お金以外にも必要なものがあります。
お客様番号と確認番号をきちんとメモして持っていかないといけません。
忘れないようにしておきましょう。
いちいちクレーム付けてくるなんて、もう勘弁!そんな時はブロックしてしまって、スッキリしてしまいたいですよね。
メルカリは、まだ出来て間もないのにいっぱい利用されているということもあってたくさん、問題もあるようです。
とくに、取引連絡で音信不通になったり、キャンセルをいきなりされたりなどといったケースが多発しており、トラブルもまーまーあるようです。
そんな時はブロックが一番!という事で、その方法について説明しています。
しかし、なるべくそれを使わなくても良いような取り引きができると良いですね。
メルカリでシャネルとか売っていいの?と、ブランド品を売って良いのか分からない人もいますよね。
利用規約では特に問題なので売買しても大丈夫なんです。
ただし、もしブランド品を売ろうと思っている時はとくに注意をしなければならない事がたくさんあります。
例えば、メルカリでニセモノのシャネルを販売してしまうと、運営サイドより強制退会にさせられるだけでなく、裁判沙汰になる可能性もあります。
ただ、それがニセモノでなければお店で買うよりも多くの場合、安く買えます。

http://merukari-kouryaku.com/